あなたの 着物
その場で現金買取

おうちで出張買取の査定コンシェルジュ

着物の査定経験が豊富な専属コンシェルジュにお任せください。

着物はまさに今が売り時!

着物市場の需要は年々減少しており、今後保管していても価値が下がっていく可能性がございます。そのため、着物はまさに今が売り時です。


おうちで出張買取では、経験豊富な専門の鑑定士が大切なお着物の価値を正確に査定し、その場で現金化いたします。眠ったままの着物の価値を引き出すお手伝いをしますので、ぜひご相談ください。

綺麗な着物の画像

着物の買取実績にも自信があります

1点からでも、傷があっても、高価買取を実現します

着物の買取の相場

※上記に記載している買取相場価格は目安です。実際の買取価格を保証する価格ではございません。
※査定時の在庫や市場の状況によって、買取価格が変動する場合がございます。
※買取相場の価格は未使用品及び付属品が揃っている状態を前提としています。商品の状態によっては価格が大きく変動する場合がございますので、ご了承ください。

高額になりやすい着物

高額査定を出す女性査定員の画像

以下4点に当てはまる着物は特に査定額が上がる傾向にあります。ご自宅に眠っている着物がないか、ぜひご確認ください。

①有名産地で作られた証紙付きの着物

有名産地で作られた着物は高額査定が期待できます。着物好きの方々から高い需要があり、常に高値で取引されるためです。

  • 大島紬(奄美大島・鹿児島・宮崎)
  • 西陣織(京都府)
  • 京友禅(京都府)
  • 加賀友禅(石川県)
  • 本塩沢紬(山形県)など

これらの着物を正しく査定するには、証紙(着物の生産地・織元・製作技法などを記した紙のこと)が必要です。購入時に付属した証紙をぜひご用意ください。

②人間国宝や有名作家の着物

人間国宝や有名作家の着物も希少価値が高く、不動の人気を誇ります。専属の査定士が正しく価値を見定めますので、「あの有名作家の作品だと聞いているけど、本当かどうかわからない...」という方も、お気軽にご相談くださいね。

③大きく仕立ててある着物

丈が163cm以上の着物は、査定額が高くなる傾向にあります。背の高い方や体の大きい方も着ることができますし、後で小さく仕立て直すこともできるので、幅広い需要があるからです。

④保存状態が良い着物

保存状態が良く、生地の傷みや変色がない着物は買取価格が高額になりやすい傾向にあります。折りじわなどがつかないよう綺麗に畳み、変色しない場所で保管しておいてくださいね。

※自己流での漂白やクリーニングは復元不能な傷の原因となります。既に修復可能かわからない汚れがついてしまっている場合は、なるべく触らずそのままご提出ください。

⑤アンティーク着物

アンティーク着物とは、主に江戸時代から昭和初期に作られた着物のことです。特に明治時代の後期から昭和初期のアンティーク着物が人気で、現代にはないレトロモダンなデザインはコアなファンから人気があります。一定の需要があるため、高額査定が期待できます。

着物を高く売るコツ

着物を高く売れて喜ぶ主婦の画像

1. 需要の高い時期に売る

着物は、成人式を控えた12〜1月頃、卒業や入学を控えた2〜3月頃に需要が高まります。そのため、冬の時期に売るのが特におすすめです。春爛漫の式典で綺麗に映えるような、春めいた色や柄が特に好まれますよ。

2. 不要になったらすぐに買取に出す

着物は湿気に弱く劣化しやすいため、使わず保管しているだけで価値が下がってしまいます。もう不要だなと判断されたら、なるべく早く買取に出すことをオススメします。

3. 小物もセットで売る

統一感のあるコーディネートが好まれるため、元々付属していた小物とセットだと買取額がアップする可能性があります。髪飾り、帯、羽織りなどは一緒に査定いたしますので、ぜひご用意ください。

着物の価値を下げない保管方法

着物の価値を下げずに保管できて喜ぶ女性

①たんすに保管

着物はたんすの中で保管しましょう。たんすは、湿度が上昇すると湿気を吸収して膨張し、湿度が低下すると湿気を放出して収縮するという性質があり、カビを予防してくれます。また、たんすの中に除湿剤を入れるのもカビ予防に効果的です。

②たとう紙に包んで保管

着物は購入時に、和紙で作られた包装紙である「たとう紙」に包まれています。すぐに捨てるのではなく、このたとう紙に包んだまま保管するのがおすすめです。湿気を吸収する性質を持ったなめらかなたとう紙は、着物を平らに保管するのに適しており、たたみシワの発生も予防してくれます。

③虫干しなどの定期的なお手入れ

たんすに入れっぱなしにせず、風通しの良い場所に吊るしておきましょう。この手入れの方法を「虫干し」と呼びます。虫干しは年に3回ほど行うことが推奨されており、理想的な時期は1月下旬から2月上旬、7月下旬から8月上旬、そして9月下旬から10月中旬です。

逆に、梅雨の時期は逆に湿気を吸収してしまう可能性大。外に干さず、エアコンの除湿機能や除湿機を使用してくださいね。

着物買取でよくあるトラブル

買取鑑定士が鑑定している画像

査定士・鑑定士とのよくあるトラブルと、おうちで出張買取での取り組みを紹介します。

トラブル①:買取をキャンセルできない

無料査定をしてもらうために呼んだのに強引に売却させられたというトラブル。公式HPには無料査定可と書いてあるにもかかわらず、実際に断ると「すでに査定をしてしまっているので、キャンセル料を払ってください」などと主張してくるケースがあるのです。

おうちで出張買取では、もちろん無料査定後のキャンセルも可能です。 金額に納得いただけない場合、速やかにお引き取りいたしますのでご安心ください。

また、お取り引き成立日から8日を経過するまでは、無条件で申込の撤回(クーリングオフ)が可能です。直ちにお品物を返還いたします。

トラブル②:押し買い

専門的な知識が豊富な着物買取業者に説得され、断りきれず売ってしまうことが多々あるようです。また鑑定士の威圧的な態度を受け、断れなかったというケースもあります。

おうちで出張買取では、お客様の同意なしで押し買いなど買取を強行いたしません。

また、お客様にご同意頂ける場合は、安心してお取り引きができるよう査定員の対応を録音させて頂きます。押し買いなどの強行手段を行なっていないか本部でチェックいたしますので、ご安心ください。

出張買取の3ステップ

おうちで出張買取の出張買取査定を行う男性
お申し込み
1

まずはお電話、お問い合わせフォーム、FAXにてお気軽にご相談ください。ご希望の日時、お品物(ブランド・点数等)についてお伺い致します。

おうちで出張買取の査定を行なっている男性
出張査定
2

当日は、買取査定スタッフがご自宅に訪問し、その場で査定、お見積りします。査定内容に不安や疑問があればその場でご説明致します。

おうちで出張買取の買取金額を提示している女性
その場で現金買取
3

お見積もり金額に納得していただきましたら、必要書類へのご記入と身分証確認を行い、その場で安心の現金のお支払いを致します。

※古物商規定により、買取成約の際には身分証明書(運転免許証、保険証、マイナンバーカードなど)の提示が義務付けられています。
※未成年者からの買取はできません。また、酒類の買取に関しては20歳以上のお客様のみ対象となります。
※現金払いに関して、ご契約内容によっては振込対応となる場合があります。

おうちで出張買取が着物の査定で
選ばれる理由

01
おうちで出張買取の出張買取査定を行う男性

どこよりも
高く買い取ります

多種多様な販売ルートを
持っているから実現できます。

02
おうちで出張買取の査定を行なっている男性

安心の専属査定
コンシェルジュ

幅広い知識を兼ね備えた査定士が
全国に在籍し、プラス査定します

03
おうちで出張買取の金額査定を行う女性

業界屈指の
幅広い買取品目

納得がいったら、その場で
現金買取できます

04
おうちで出張買取の買取金額を提示している女性

最短即日で出張査定
もちろん無料です

多種多様な販売ルートを
持っているから実現できます。

無料査定しませんか?電話一本で今すぐ駆けつけます!

0120-961-371
毎日9時~20時 携帯からも通話料無料
本人確認書類を1点ご用意ください。・運転免許証・運転経歴証明書・パスポート・住民基本台帳カード・健康保険証・特別永住者証明書・個人番号カード
在留カードは、令和3年10月1日の消費税法改正に伴い、本人確認書類としてご利用いただけなくなりました。(The residence card will no longer be available after October 1. 2021 due to the revision of the law.)
※身分証明書の住所に相違がある場合、もしくは2020年2月4日以降発行のパスポートの場合、ご本人様名義の現住所が確認できるものが必要です。
※200万円を超えるお取引の場合、健康保険証に加えて、発行日から3ヶ月以内の公共料金領収書(請求書)または住民票が必要になります。
18歳未満のお客様は買取いたしません。また18歳・19歳の方は同意書または委任状が必要です。

よくある質問

Q

着物一枚、大体いくらの価格が付きますか?

目安を提示するのが難しいため、ぜひご相談ください。

着物にはたくさんの種類があります。申し訳ありませんが、査定の際に重要な「保存状態」「色柄」「素材」「年代」などを実際に拝見しなければ、買取価格を提示できません。

まずは、お気軽に無料査定にお申込みください。

Q

着物以外の小物も買取していただけますか?

もちろん、買取可能です。

帯や帯締め、重ね襟、髪飾り、扇子などの和装小物も買取しております。

Q

シミや汚れなどで状態が悪くても売れますか?

商品の状態次第です。

シミや汚れの状態によります。状態があまりにも悪い場合は、買取ができません。まずはお電話して頂いて、着物や帯の状態を詳しくお伝え頂ければと思います。

Q

高額で購入した着物は良い値段で買取いただけますか?

需要によって左右されます。

申し訳ありませんが、高額になると断言はできません。なぜなら査定額は中古市場で、どのくらい需要があるかで決まるからです。

購入時の価格のまま高額買取させて頂く場合もあれば、需要が無くなり査定額が思ったように付かない場合もございます。

Q

子供用の着物も買取いただけますか?

もちろん、買取可能です。

子供用の着物も買取しておりますので、ぜひご相談ください。ただし、子供用の着物は需要があまりないため、査定額は高額になりにくいことをご了承ください。

Q

振袖は高級品が多いので、買取価格も良くなりますか?

商品状態によって変動します。

振袖だからと言って、一概に買取額が高額になるわけではございません。
着物の状態や素材、柄、証紙の有無によって、着物の価値は変動します。

きものの格とは?

着物の格について考える女性

着物は種類によって異なる用途があり、適切な場面に合わせて選ぶ必要があります。着物を着用する場面の決まりを「きものの格」と呼び、より正式な場面で使用される着物が「格が高い」とされています。

以下では代表的な着物の種類とそれに対する格を紹介します。 

留袖(黒留袖)

黒留袖は既婚女性の最も格式高い礼装であり、親族の結婚式や披露宴などの重要な式典で使用されます。

黒い地に絵羽模様(縫い目にまたがる模様)が描かれ、広げると一枚の絵のようになります。有名な作家の作品などは特に高い買取価格が付きます。 

留袖(色留袖)

色留袖は、黒以外の地色に絵羽模様を入れた女性用の着物です。未婚・既婚に関係なく着用でき、第一礼装に次ぐ準礼装とされます。一般的には入学式や結婚式、初釜などの華やかな場でよく着用されます。

家紋が5つ入った五つ紋付きの場合は第一礼装としても使えます。有名作家の作品は高い買取価格が期待できます。 

振袖

振袖は未婚女性の第一礼装で、長い袖が特徴です。成人式や、結婚式、卒業式などの格式ばっている式場で着用されます。特に袖が長い大振袖は、より格が高い着物とされています。

成人式で着ただけで新品に近い状態の振袖は、高く買取されることもあります。まずは無料査定をお試しください。 

訪問着

訪問着は結納や披露宴、パーティー、お宮参りなどさまざまな場面で使われる着物です。格としては準礼装から略礼装にあたる着物であり、紋付きなら振袖と同じく準礼装としても着用可能です。

また留袖と同じく絵羽模様が特徴的です。未婚者や既婚者、年齢に関係なく着用できる使い勝手の良い着物となっております。有名作家や伝統工芸品は高値で買取されることも多いです。 

付け下げ

付け下げは略礼装の着物であり、訪問着より格がやや低いです。準礼装としても使用できますが、その場合は袋帯や格の高い帯を合わせるなどしてバランスを取ります。

様々なシーンで着用できるため需要が高いですが、訪問着と比べて格が低く買取相場も低めです。ただし、作家物で証紙が付いており、保管状態が良好な場合は買取価格に期待が持てます。 

色無地

色無地は単色で染められた模様のない着物で、紋の数によって格が変わります。一つ紋で略礼装、または格のある帯と合わせて準礼装として使用されます。

三つ紋なら準礼装、五つ紋なら正式な礼装としても着用可能です。伝統工芸品や高級織物の色無地などは高い買取価格が期待できます。 

小紋

小紋は着物全体に同じ模様がくり返し描かれた型染めの着物です。

柄によって格が異なり、幾何文様や遊び心のある柄は気軽な外出に、古典柄や吉祥文様はカジュアルなパーティーに適しています。有名なご当地の小紋を中心に高く買取される場合が多いです。 

紬とは、紬糸で織られた着物です。日常使いの着物として使われてきましたが、現代では親しい人との食事など、軽い外出着として着られています。

結城紬・大島紬など有名な紬を中心に、高く買取される場合も多くあります。 

買取強化中の品目一覧

記載のないお品物も幅広く買取してしております

着物買取
着物買取
切手買取
切手買取
古銭買取
古銭買取
毛皮買取
毛皮買取
ブランド買取
ブランド買取
お酒買取
お酒買取
金・貴金属買取
金・貴金属買取
宝石・ジュエリー買取
宝石買取
時計買取
時計買取
骨董品買取
骨董品買取
カメラ買取
カメラ買取
楽器・オーディオ買取
楽器買取
レコード買取
レコード買取
家電買取
家電買取